福利厚生

早水組では、保健師・栄養士による健康相談や助成制度を充実させるなど、
社員が日々健康で安全に仕事に取り組める環境づくりに力を入れています。


健康への取り組み

  • 健康情報の発信
  • 健康相談窓口の設置
  • 社内規定による人間ドッグの受診
  • 健康診断結果経年一覧の個人配布
  • ヘルスアップチャレンジ2017 健康事業所宣言
  • 年一回保健師・栄養士による健康相談の実施
  • 胃がん検診、腫瘍マーカー、ハチ抗体検査の実施(希望者)等

健康作り担当者へインタビュー

日々社員の健康を守っている、総務部菅野課長に早水組の「健康」についてお聞きしました!

Q早水組が従業員の健康づくりに対し力を入れているのはなぜですか
A職員の健康=会社の発展に繋がるという会社方針が基本にあるからです。
何より大切な健康を維持して、元気に活力あふれ働けることを大切にする。
その為の予防・支援を持ち合わせた環境作りを目指しています。
Qヘルスアップチャレンジヘ取り組むきっかけがあれば教えてください
A健康保険組合との協動で、健康で安全に働ける環境作りとする項目を具体的に表明することで健康への意識向上を目指しチャレンジしました。
Q健康活動推進により従業員に何か変化はありましたか
Aインフルエンザの社内感染拡大が防止できている事と健康診断実施後の要再検査の職員に対し、受診勧奨を継続して行うことにより、疾病の予防・発見・治療へ繋がっていることです。
衛生面での社内研修を実施することで、心身変化の気づきを促すきっかけも持てたと思います。
Q従業員から好評だった取組があれば教えてください
A運動促進活動として企画いたしました身体能力測定やストレッチ体操は、日々の業務・生活の中において役立てられているようです。
こうした情報が欲しい、こうしてみたい等の要望にできるだけ対応できる体制を作っていますので、身体のことで心配なことはいつでも相談できます。

休暇制度

  • 育児・介護休暇
  • バースディ休暇
  • 有給教育訓練休暇

産休・育休・看護休暇取得社員インタビュー

早水組で初めて産休・育休・看護休暇を取得され、現在小学生のお子さんが居るハヤミズホーム安藤課長へお話を伺いました!

Q育児休暇制度は利用しやすかったですか
A社内で初の産休育児制度取得でしたので、初めは不安でした。
取得できることが産前休暇の2か月前までわからず不安でしたが決定してからはスタッフにサポートして頂き、休暇中の引継をスムーズに行うことが出来ました。
Q復帰のタイミングや手続きはどのように行われましたか
A復帰の時期は取得時に上司と決めてあり、産後休暇後に急いで保育所を決めておきました。手当金や社会保険等の手続きも、会社側がいろいろと調べて行ってくれたので不安等はありませんでした。
休暇中も、職場と連絡を取り合っていたのでスムーズに復帰できたと思います。
Q産休取得前と復帰後で仕事の仕方など変わったことはありますか
A保育園等のお迎え時間があり、突然の残業に対応することは難しくなりました。
仕事内容的に変わったところはほとんどないのですが、仕事柄、同じくらいのお子さんを持つご家族様と関わることが多いので、子育ての会話が出来たり、新築プランヘのアドバイスもできることが、今までより知識もプラスになったことがよかった点です。
Qお子さんの看護休暇がありましたが、きちんと利用することはできましたか
A突然の発熱や感染症などで数日休むこともあり、本当に助かりました。
年間5日間の看護休暇は、ほぼ全部取得させて頂いたと思います。
Q早水組に入社を考えている女性に向けコメントをお願い致します
A結婚・出産を終えてからも、各種休暇制度を取得しやすい職場ですので、長く勤めていくことが可能です。
事務や経理だけでなく、各部署沢山の女性スタッフが活躍していますので、やりがいを持って仕事に取り組むことができ、達成感・充実感を得ることができる職場だと思います。

助成制度

技能取得の際の交通費·受験費用などを会社側で負担する制度や1年間無事故・無違反を達成した者に対する報奨制度、被服安全具貸与規定などがあります。

その他制度

  • 各種社会保険 加入完備
  • 財形貯蓄制度
  • 社内運動会の実施
  • 提携宿泊先利用制度
  • 法律相談窓口設
  • 提携住居斡旋紹介
  • 協賛行事参加斡旋

社内行事

社内運動会

社内運動会

早水組では年2 回社員の交流や運動活動促進のため社内運動会を行っています。

グループ総会

グループ総会

年に1度早水グループ会社が集まり総会を行います。
また、総会後には全職員が集まる懇親会もありグループ間交流も行っています。