先輩社員インタビュー

先輩社員インタビュー

チャレンジする気概に満ちた人
そんな人たちと一緒にHAYAMIZUの未来を
切り拓いていきたいと思っています!
先輩たちに早水組の仕事についてインタビューします。

幅広い仕事で、経験と知識が身についていく
施工管理【土木】

1993年入社
土木本部 工事部
施工管理

工事現場の技術職である土木部の主な業務は、受注した公共工事及び民間工事の施工管理をすることです。
この仕事の魅力は、色々な職種の技能を持った人々と力を合わせ、道路や橋の構造物、上下水道、更には地域の基幹産業である農地改良や港湾整備など様々な目的物を完成させる楽しさがあります。
私は土木関係の仕事は未経験で入社し最初は苦労の連続でしたが、ものづくりの基礎が集約された土木の仕事を通じて、幅広い専門知識が身につき、経験を重ねることで社会人としての責任感を持つことができたと思います。

 
現場では、いろいろな経験を。人と関わり日々成長できる

技術者【建築】

2016年入社
建築本部 工事部
施工管理

お客様の多種多様なご要望に対し、決められたこと求められたことを、図面や仕様書に基づき丁寧にしっかり正直に建築する事が私の仕事の原点です。

今後とも、お客様に喜んでいただける建物を、安全安心施工で作り上げていきたいと思います。

 建設工事のやりがいと入社5年目の責任感

施工管理【土木】

2015年入社
土木本部 工事部
施工管理

土木本部工事部の一員として、工事現場では、測量等を行っており、今年で入社5年目を向かえます。この仕事のやりがいは、汗水流して努力した結果が、目に見える形で後世に残ることだと思います。また、それは個人の力のみでなく、早水組の先輩、後輩、発注者、下請け業者全員が、一丸となることでしか成し得ないため、工事完成後の喜びを全員で分かち合えるのも、建設工事の醍醐味だと思います。

早水組は、道路や河川、畑とどの分野においても、より良いものを作るという意識が非常に高い組織だとこの5年間の経験を得て強く感じています。今後、より一層人員不足が懸念される建設業界ですが、その強い刺激を受けながら、今後の建設業界を担う一員として、一層活躍出来ればと思います。